2018年1月5日(金)

守谷14度目V 茨城新聞社旗高校剣道・女子

2年ぶり14度目の優勝を果たした守谷=霞ケ浦文化体育会館、菊地克仁撮影
2年ぶり14度目の優勝を果たした守谷=霞ケ浦文化体育会館、菊地克仁撮影

全国から若き剣士が集う新春恒例の茨城新聞社旗争奪第35回全国選抜高校剣道大会は4日、土浦市の霞ケ浦文化体育会館で開幕した。第1日の女子の部は126校(県勢31校)が出場し、守谷が2年ぶり14度目の優勝を飾った。 

守谷は準々決勝まで順当に勝ち上がり、準決勝では大将戦までもつれる接戦を制した。岡山商大付との決勝は相手に1本も許さず、4-0で圧勝した。

最終日は5日、同会場で男子の部を行い、156校が競い合う。県勢は41校が出場予定。 (藤崎徹)

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 23 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス