2018年2月14日(水)

4月に開かれる大相撲の春巡業PR

大井川和彦知事を表敬訪問した大鳴戸親方=県庁
大井川和彦知事を表敬訪問した大鳴戸親方=県庁

4月に笠間市で開かれる大相撲の春巡業「笠間場所」に向け、実行委員会の鈴木正平委員長や大鳴戸親方(元大関出島)ら関係者が13日、県庁に大井川和彦知事を訪ね、見どころなどをPRした。

笠間場所は4月25日、同市石井の市民体育館を会場に力士ら総勢280人が参加する。幕内取組のほか、相撲の禁じ手を愉快に紹介する初切(しょっきり)などを行う。土浦市出身の大関高安関は参加するが、牛久市出身の横綱稀勢の里関は未定。

大鳴戸親方は「郷土力士の活躍に期待してほしい」、鈴木委員長は「迫力ある生の大相撲を楽しんでほしい」とアピール。大井川知事は「稀勢の里関を笠間場所で見たいが、まずはけがを治してほしい。高安関も優勝を目指し頑張ってほしい」と話した。

全国・世界のニュース

2018 年
 5 月 25 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス