次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》1回戦・県西ブロ【戦評】水海道一 ― 境

水海道一-境 3回裏境、1死満塁、石垣が2打席連続の三塁打を放つ=笠間市民
水海道一-境 3回裏境、1死満塁、石垣が2打席連続の三塁打を放つ=笠間市民


【評】打力の差を見せつけた境が六回コールド勝ちした。

境は初回、落合の右前適時打で先制。三回は内野安打で出た大坂の好走塁から攻め立て小堀、石垣の連続適時打などで一挙5点を加えた。投手陣は7四死球と制球に苦しんだが、要所を抑えた。

水海道一は二回に無死満塁の好機をつくったが、スクイズ失敗からの併殺でふいにした。

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース