次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》1回戦・県南ブロ【戦評】藤代紫水 ― 東洋大牛久

【AD】


【評】東洋大牛久が藤代紫水の反撃を抑えて逃げ切った。

東洋大牛久は初回に敵失で先制すると、1点リードの六回、相手守備の乱れに乗じて一挙4点を奪った。守備は無失策の安定感で、先発の伊藤を助けた。

藤代紫水は七回に長短打5本を集中させて1点差とした。八、九回も三塁まで走者を運んだが、追い付けなかった。

■藤代紫水・谷田川友和監督(43) 粘り強く戦った

六回に4点を取られ、焦りが出たのか、ミスが続いた。自滅のような形になったが、それでも最後まで粘り強く戦ってくれた。

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース