次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》3回戦【戦評】鬼怒商 ― 茨城キリスト

【AD】


【評】茨城キリストの地力が鬼怒商を勝った。1点を追う三回。1死満塁から塙の中犠飛で同点。さらに満塁に好機を広げると、横山が右前適時打を放ち2点を勝ち越した。七回には1点、八回には4点を奪い試合を決めた。綿引、横山の継投も決まった。

鬼怒商は初回に先制したが、その後は打線が沈黙し散発3安打。主戦江原を援護できなかった。

■茨城キリスト・中田裕二監督(54) 終わってみればコールド勝ちだが、苦しい試合だった。次も相手の方が力は上。きょうのいい流れをつなげていきたい。

■茨城キリスト・清水太陽捕手(3年) 好投手の江原から点を取れたことで打撃も勢いづくと思う。次の相手も打力があり手強い。投打で負けないようにしたい。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース