次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》3回戦【戦評】土浦日大 ― つくば秀英

【AD】


【評】相手守備の乱れを見逃さなかった土浦日大が手堅く4回戦に進出した。二回は敵失、遊ゴロの間に2点を先取。五回は敵失で出た走者を五十嵐の左前適時打でかえし、続く打者は敵失により1点を加えた。先発中川は緩急を付けた投球で散発4安打の完封だった。

つくば秀英は3失策が失点に直結した。打線はつながりを欠き、最後まで三塁を踏めなかった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース