次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》4回戦【戦評】土浦湖北 ― 茨城キリスト

【AD】


【評】効率よく加点した土浦湖北が完勝した。二回、稲葉の右前適時打や立原の適時三塁打などで3点を先制。三回はさらに3点を奪い、主導権を完全に握った。七回には7点を加え、勝負を決めた。投げては3投手で無失点に抑えた。

茨城キリストは頼みの投手陣が踏ん張り切れなかった。打線も3安打と沈黙。反撃の糸口をつくれなかった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース