次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》4回戦【戦評】多賀 ― 水戸一

【AD】


【評】多賀が水戸一の反撃を振り切った。1点リードして迎えた六回、2者連続押し出しと、高橋の左中間への2点二塁打で4点を加えた。先発神永は九回に同点のピンチを迎えたが、最後は空振り三振に打ち取った。

水戸一は七回に折橋の右前適時打などで2点を返した。九回は古谷が2点三塁打を放ち、1点差まで追い上げたが、届かなかった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース