次の記事:路上の80歳はねられ死亡 容疑で小学校教員逮捕

《第73回秋季関東高校野球茨城県大会》準々決勝【戦評】鹿島学園 ― 水城

【AD】


【評】鹿島学園が追いすがる水城を振り切ったた。

鹿島学園は要所で確実に得点した。一回に船田の犠飛で先制すると、三、五回にも加点した。1点差とされた八回には高久の中前適時打と暴投で貴重な2点を加えた。投げては坂上と薮野のリレーで逃げ切った。

水城は相手を上回る14安打を放ちながらも、拙攻が響いた。


■鹿島学園・鈴木博識監督(70)
競り合った方が勉強になる。捕手が相手の機動力を封じたことは大きかった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース