次の記事:ラーメン店経営のメイホウ商事 破産手続き開始決定 負債1億1600万円

《第73回秋季関東高校野球》1回戦 常総 右翼手・宮原 2度の補殺、失点防ぐ

前橋商-常総学院 5回表前橋商1死一塁、三塁を狙った一走を刺した後、チェンジの際にベンチ前で笑顔の右翼手の宮原=柏の葉公園野球場
前橋商-常総学院 5回表前橋商1死一塁、三塁を狙った一走を刺した後、チェンジの際にベンチ前で笑顔の右翼手の宮原=柏の葉公園野球場
前橋商-常総学院 4回表前橋商2死二塁、右前打で二走・塩坪が本塁を突くが、タッチアウト。捕手・田辺=柏の葉公園野球場
前橋商-常総学院 4回表前橋商2死二塁、右前打で二走・塩坪が本塁を突くが、タッチアウト。捕手・田辺=柏の葉公園野球場


◇第73回秋季関東高校野球大会1回戦(常総学院9-0前橋商、24日・千葉県柏の葉公園野球場)

茨城県大会で苦しんだ打線が9得点と、この日は打線が目立った常総学院だったが、大事な場面で好守が光ったことが勝ちを引き寄せた。立役者は右翼手の宮原一綺(2年)。強肩で2度もチームを救い、チームの代名詞である「守り勝つ野球」を体現して見せた。

四回表、1死からエース秋本璃空(同)がこの日初安打となる二塁打を許し、得点圏に走者を置いた。後続を1人打ち取った後、相手6番が放った当たりは一、二塁間を抜け、宮原の前へ。「練習でもイメージしてきた。セカンドが無理して捕るのではなく、自分が刺す」と前に出て捕球した。すぐさま捕手をめがけて一直線に返球した。本塁を狙った走者を、捕手の田辺広大(同)がタッチアウト。仮に生還されていたら、流れが相手に傾いたかもしれない。

2度目は五回表。1死一塁からエンドランを仕掛けられた。再び右前へと飛んだ打球を今度は三塁へ好返球。しっかり一走を刺し、反撃の糸口を封じた。

宮原はこの日、1番打者として起用されたが、3打数無安打。「意識して出ようとしていたが、できなかった。その分守備で貢献しようと思っていた」と振り返った。何が起きても対応できるようにと、守備についている間も常にチームメートと声を掛け合い、「打球への準備」を徹底。その結果、好守につながり「上出来だった」と笑顔を見せた。

次戦は4強入りを懸け、木更津総合と対戦する。宮原は「次も投手を楽に投げさせたい。打撃も場面に応じて役割を果たせるように頑張る」と強調した。

■常総学院・島田直也監督(50) 理想的な攻撃できた

初回の攻撃で勢いづいた。欲を言えば「ここでもっと点を取れれば」という場面はあったが、先制、中押し、ダメ押しと理想的な攻撃ができた。

■常総学院・秋本璃空投手(2年)

初戦で入りが難しく、あまり思うように投げられなかった。守備に助けられて抑えられた試合。



茨城の求人情報

全国・世界のニュース