福島・双葉町民の選択 茨城・つくば避難10年

福島第1立地自治体の双葉町からの避難者が、原発事故に伴い茨城県つくば市に住んで10年。福島県からの避難者数は茨城県内最多で、寄り添いながら地域共同体を築いてきた。町の復興計画が進む中、帰還するかしないか苦しい決断を迫られる。それぞれの選択を追った。

2021 年
 4 月 17 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス