◆2019年6月◆

引き立つ少女の存在感

今月は初夏を感じるスナップや祭り、風景など136点の応募がありました。

最優秀賞は河野康さんの「未来のリーダー」です。常陸国YOSAKOI祭りで、1人の少女に焦点を当てて作品づくりをしました。少女の堂々とした踊りっぷりに加え、囲むようにほかの踊り手を配置したことで、存在感を一層引き立てています。狙い、構図、シャッターチャンスの三拍子がそろった、見ていて気持ちの良いスナップです。

優秀賞には山中啓一さんの「朝靄のポピー畑」と西口邦彦さんの「名人芸」が選ばれました。「朝靄のポピー畑」は、多くのカメラマンが競ってレンズを向ける場所からの撮影ですが、色調の美しさや花の取り入れ方、筑波山頂から太陽が昇る瞬間を写し込んでいる点で抜きん出ています。完成度の高い風景写真です。

「名人芸」は、ひたち国際大道芸での一こま。大道芸人の集中力と緊張感が良く伝わる写真です。(写真映像部)



「未来のリーダー」 河野康(常陸大宮市)
キヤノン 18〜200ミリ f8・0 オート ISO400 =大子町




「朝靄のポピー畑」 山中啓一(阿見町)
キヤノン 16〜35ミリ f16 1/8秒 ISO100=下妻市


「名人芸」 西口邦彦(石岡市)
ニコンD500 70〜200ミリ f5・6 オート=日立市




「花吹雪」 小石川力雄(水戸市)


「気持ちいいなぁ〜」 長谷川英子(石岡市)


「誘われて」 丸森勝造(土浦市)


「出合い」 大原トモ(水戸市)


「新学期」 佐々木敏勝(日立市)


「令和の大祭」 溝口一郎(行方市)


「頑張って」 飯田正弘(常陸太田市)


「決まった」 佐藤次男(常陸大宮市)


「1本ザクラ」 小川誠二(鉾田市)


「颯の如く」 大和田健(筑西市)

2019 年
 7 月 17 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス