◆2021年4月◆

審査評 「目の敵」を作品に昇華

今月は、観測史上最も早く開花した桜や春を感じる風景、イベントなど、いつもより多い191点が寄せられました。

最優秀賞は綿引勝春さんの「スギ花粉飛ぶ」です。山あいの杉林に漂う朝霧かと思ったら、花粉だと知り、まず驚きました。飛散の瞬間を捉えて構図をまとめるのは、朝霧よりも難しいのではないでしょうか。花粉症に悩む人にとっては目の敵のスギ花粉ですが、作品に昇華させた着眼点は見事です。

優秀賞には平沢徳孝さんの「ツーショット」と須田政雄さんの「汽笛を鳴らして」が選ばれました。「ツーショット」は、黒く落とし込んだ背景に、際立つ桜とハクチョウの飛翔。光差す水際がアクセントになっています。絵画的なセンスを感じる作品です。

「汽笛を鳴らして」は、新しい鉄橋を渡る列車に旗を振る人たち。JR水郡線全線運転再開の喜びが伝わってきます。ニュースのエッセンスが過不足なく写し込まれた優れた報道写真です。(写真映像部)



「スギ花粉飛ぶ」 綿引勝春(大子町)
キヤノン 28〜135ミリ f16 1/320秒 ISO1000=大子町




「ツーショット」 平沢徳孝(常陸太田市)
ニコンD800 300ミリ f5 1/1000秒 ISO1600=那珂市


「汽笛を鳴らして」 須田政雄(日立市)
オリンパス 12〜200ミリ f13 1/320秒=大子町




「盗蜜」 野口晴重(土浦市)


「光の桜海」 酒寄英紀(筑西市)


「天の恵み」 野沢昇(筑西市)


「目覚め」 桜井孝(常総市)


「できた〜!」 大和田健(筑西市)


「春の夕刻」 道川つや子(茨城町)


「春よ来〜い」 佐々木敏勝(日立市)


「早春の森」 藤田正司(筑西市)


「パワー全開」 田上勤(城里町)


「お前は誰だ!!」 夕田盛利(鹿嶋市)

2021 年
 5 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス