次の記事:路上の80歳はねられ死亡 容疑で小学校教員逮捕

《2020年夏季茨城県高校野球大会》2回戦・水戸ブロ【戦評】水戸一 ― 水戸桜ノ牧

【AD】


【評】終始主導権を握った水戸一が水戸桜ノ牧を下した。水戸一は初回、豊田の2点二塁打などで3点を先制。四回には古谷の右翼への本塁打などで2点を加えた。八回には相手守備の乱れを見逃さず、貴重な3点を加えた。投げては3投手のリレーで反撃をかわした。

水戸桜ノ牧は六回に2点、最終回にも1点を返したが、届かなかった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース