次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》3回戦【戦評】総和工 ― 霞ケ浦

【AD】


【評】霞ケ浦が延長十回タイブレークにもつれ込んだ接戦を制した。十回裏1死一、二塁、斎藤が中越え適時打を放ってサヨナラ勝ちした。2番手で登板した山本が好投。十回表は一ゴロと2三振で切り抜けた。

総和工は見事な粘りで昨夏王者を苦しめた。三回に染谷の適時打と、杉山の2点本塁打で3点を返すと、六回は横山の適時打で追い付いた。

■霞ケ浦・小田倉啓介主将(3年)

思い切りいけていなく、情けない試合だった。霞ケ浦の名を背負うプレーが試合でできていない。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース