次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《2020年夏季茨城県高校野球大会》4回戦【戦評】水戸啓明 ― 佐和

【AD】


【評】九回に一挙4得点を奪った水戸啓明が粘る佐和を振り切った。同点で迎えた九回、遠峰の右翼への2点本塁打や、塚本の右中間への適時三塁打など5長短打を集め、一気に突き放した。

投げては小島、塚本、川澄の3投手の継投で反撃をかわした。

佐和は八回に2点差を追い付き、九回も2点を返す粘りを見せたが、届かなかった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース