次の記事:常磐道で速度違反、身代わり出頭させる レーサーら逮捕

《2020年夏季茨城県高校野球大会》2回戦・県北ブロ【戦評】勝田 ― 日立北

【AD】


【評】相手の制球難を逃さず得点を重ねた日立北が五回コールド勝ちした。初回、5者連続を含む8四死球に犠飛と適時打を絡めて一挙6点を奪い、試合の流れをつかんだ。二回以降も攻め手を緩めず、毎回複数得点。一、四回は打者一巡の猛攻だった。

勝田は投手陣の制球が定まらなかった。二回に2点を返したが、反撃はここまでだった。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース