次の記事:常磐道で速度違反、身代わり出頭させる レーサーら逮捕

《2020年夏季茨城県高校野球大会》3回戦【戦評】水戸一 ― 岩瀬日大

【AD】


【評】好機を確実にものにした水戸一が16強入りを決めた。

三回2死一、二塁、青山が中越えの適時二塁打を放ち2点を先制。続く豊田も右翼線への適時二塁打で加点。投げては佐次が七回途中までを無失点に抑え、捕手から移った2番手の古谷は反撃を封じた。

岩瀬日大は一、六回に満塁の好機をふいにした。併殺打は3度あり、拙攻が目立った。

■岩瀬日大・並木凜生主将(3年)

ベスト8というチーム目標が達成できず悔しい。支えてくれたみんなには感謝しかない。

茨城の求人情報

全国・世界のニュース