2020年5月19日(火)

《新型コロナ対策》神栖市にマスク1万8000枚寄贈 市内の2企業

石田進神栖市長(右)にマスクを寄付した「さくた」の作田正彦代表取締役(中央)と作田京子常務取締役(左)=神栖市溝口
石田進神栖市長(右)にマスクを寄付した「さくた」の作田正彦代表取締役(中央)と作田京子常務取締役(左)=神栖市溝口

新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスクの入手が困難な中、神栖市に立地する2社が市にマスク計1万8千枚を寄付した。

神栖市溝口のOA機器販売会社「さくた」は1万枚を寄付。作田正彦代表取締役は「マスクが無くて困っている人に使ってほしい」と話した。

同市萩原の「便利屋神栖店」は8千枚を寄付。松本文男店長は「少しでも恩返しできれば。医療機関や福祉関係に使ってほしい」とコメントした。

石田進神栖市長(右)にマスクを寄付した「便利屋神栖店」の松本文男店長(左)=神栖市溝口
石田進神栖市長(右)にマスクを寄付した「便利屋神栖店」の松本文男店長(左)=神栖市溝口


次の記事:汚泥除去中にマンホール底へ相次ぎ転落、男性作業員2人死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 23 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス