2020年5月19日(火)

《新型コロナ対策》桜川市にマスク寄贈 市民有志ら27人 大人用1万5000枚

桜川市にマスクを寄贈した梅内勇一さん(右)=同市役所
桜川市にマスクを寄贈した梅内勇一さん(右)=同市役所

桜川市内小中学校の卒業生27人が「新型コロナウイルス感染予防プロジェクト同志会」を立ち上げ14日、同市に使い捨てマスク1万5千枚(76万円相当)を寄贈した。同プロジェクトのメンバー5人が同市大和庁舎を訪れ、代表の梅内勇一さん(41)が大塚秀喜市長に寄贈マスクを手渡した。

寄贈したのは大人用マスクで、梅内さんは「中学生や教職員の感染防止に役立ててほしい」と話し、大塚市長は「効果的に役立てたい」と感謝した。



次の記事:汚泥除去中にマンホール底へ相次ぎ転落、男性作業員2人死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 23 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス