歴史の町彩るひな飾り 桜川・真壁で移動編集局:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年2月17日(月)
歴史の町彩るひな飾り 桜川・真壁で移動編集局


【写真説明】
真壁のひなまつり会場の川島書店に展示されたひな人形を鑑賞する観光客=桜川市真壁町真壁



桜川市真壁地区で開かれている「真壁のひなまつり 和の風第十八章」(3月3日まで)に合わせ、茨城新聞社は16日、国登録重要有形文化財の高久家住宅で移動編集局を開設した。

地区全体が会場となり、約170軒に江戸時代から現代までの多彩なひな人形が飾られている。1カ月のまつり期間の中盤を迎えたこの日は小雨に見舞われたが、真壁地区の歴史的町並みは、傘を差し熱心に歩き回る観光客の姿であふれた。真壁白井座による人形浄瑠璃の上演も真壁伝承館で開かれ、鑑賞者の目を大いに楽しませた。

移動編集局では岩瀬日大高3年、相野谷叶乃(きの)さん(18)=下妻市=と真壁高2年、石川眞矢(まさや)さん(17)=栃木県真岡市=が「一日市民記者」に委嘱され、ひな人形が展示された老舗の歴史などを取材した。このほか「記念日の新聞」の発行などを行った。(冨岡良一)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN