ひたちなか新大使に5人 「笑顔で観光PR」:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年2月18日(火)
ひたちなか新大使に5人 「笑顔で観光PR」


【写真説明】
大使に委嘱された(左から)阿部あゆみさん、上野怜未さん、鴨志田愛さん、中村裕子さん、川崎毬友さん=ひたちなか市大平



ひたちなか市の観光PRをする「第13代ひたちなか親善大使」の選考会が15日、同市大平1丁目のホテルクリスタルパレスであり、新大使5人が決まった。

大使に委嘱されたのは、いずれも市内在住で大学2年、鴨志田愛さん(21)▽自営業、中村裕子さん(40)▽パン教室経営、阿部あゆみさん(35)▽大学2年、川崎毬友さん(20)▽保育士、上野怜未さん(26)。

8人が応募して選考会に進出。候補者は選考委員を前に応募動機や市内の好きな観光地などをPRした。

鴨志田さんは「(歴代の)先輩大使に負けないようひたちなか市のよいところを見つけて頑張りたい」、中村さんは「フルマラソンをやっているので、勝田マラソンでは親善大使のたすきを掛けて走りたい」、阿部さんは「大好きなひたちか市をPRできるのは誇りなので笑顔でPRしたい」、川崎さんは「対応した相手が笑顔になるよう頑張りたい」、上野さんは「元気いっぱいに盛り上げたい」とそれぞれ抱負を語った。

大使は観光イベントで司会やアシスタントを務めたり、キャンペーンで同市をPRしたりする。任期は4月から2年間。(斉藤明成)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN