「政策は不統一」野党共闘を批判 自民・小泉氏、常総で演説

街頭演説する小泉進次郎氏=常総市水海道宝町
街頭演説する小泉進次郎氏=常総市水海道宝町
自民党の小泉進次郎農林部会長が2日、参院選茨城選挙区の党公認候補応援のため、常総市水海道宝町の市民の広場で街頭演説し、「野党統一候補といっても一致するのは自民党や安倍総理が嫌なことだけ。政策は不統一の極みでばらばらだ」として野党共闘の動きを厳しく批判した。

小泉氏は、千人を超える聴衆を前に、民進党の岡田克也代表が地元選挙区の勝敗に進退を懸けるとした発言などを挙げ、「野党は選挙後ばらばらになる。選挙の後を描けない勢力に政治や経済を任せるわけにいかない」と訴えた。

また、選挙権年齢の18歳以上への引き下げを踏まえ、「18、19歳は選挙結果を左右し得る大きな存在。自分たちの力を信じて一票を投じて」と呼び掛けた。

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース