さあ甲子園 「全力で戦う」 霞ケ浦高出発式:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年8月2日(金)
さあ甲子園 「全力で戦う」 霞ケ浦高出発式


【写真説明】
出発式で意気込みを語る芳賀太陽主将(右)と選手ら=1日午前9時5分ごろ、阿見町青宿



6日に開幕する第101回全国高校野球選手権大会に出場する霞ケ浦高校野球部が1日、甲子園に向け出発した。阿見町青宿の同校で出発式が開かれ、生徒や同校関係者らが拍手と声援で選手たちを送り出した。

出発式で芳賀太陽主将(3年)は「学んだことを甲子園でも発揮したい。皆さんへ恩返しできるよう全力で戦う」と意気込みを語ると、高橋祐二監督も「皆さんの思いを力に変えて頑張ってくる」と力を込めた。下田陽一郎校長は「霞ケ浦の野球を日本国中の皆さんに見てもらおう。胸を張って、行ってらっしゃい」と送り出した。

選手らがJR土浦駅に移動すると、駅利用者から「頑張って」「行ってらっしゃい」と声援や拍手が送られた。選手たちは手を振ったり会釈したりして応え、リラックスした表情で特急列車に乗り込んだ。

同高校が夏の甲子園大会に出場するのは4年ぶり2回目。組み合わせ抽選会は3日に行われる。(松原芙美)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN