茨城新聞ニュース(モバイル)

県内ニュース

県内スポーツ




高校野球速報【有料】



2017年8月22日(火)
【速報】 東海村長選、山田氏が無投票再選
任期満了に伴う東海村長選は22日告示され、現職の山田修氏(56)=無所属=以外の立候補の届け出がなく、山田氏の無投票再選が決まった。



2017年8月22日(火)
【2017知事選】橋本、大井川氏が横一線 追う鶴田氏
本紙情勢分析
任期満了に伴う27日投開票の知事選で、茨城新聞社は、県内の有権者を対象に19、20の両日、世論調査を実施し、取材結果を加味して情勢を分析した。いずれも無所属で、7期目を目指す現職の橋本昌氏(71)と、新人で元会社役員の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=…
記事全文 >>>


サイト内検索
県内ニュース一覧 >>>


  • 動画ニュース(新着)
  • 【戦後72年】玉音放送、思い語る 潮来の5人


    潮来市潮来で昭和の歴史資料を展示する「伝承館」で20日、1945年8月15日に昭和天皇が戦争終結の詔書(しょうしょ)を読み上げたラジオの玉音放送を実際に聴いた人を集め、その時どう感じたか、記憶をたどって思いを語ってもらう会「遺言」が開かれた。記憶の糸を手繰りながら、参加者それぞれが静かに振り返った。

    証言したのは、いずれも同市とその近郊に住む80歳代の5人。放送当時は小学生だった。

    この日会場に玉音放送の音声が流されると、証言者と来場者らがともに複雑な表情で静かに音声を聴いた。企画した同館代表の篠塚宏八さん(73)が冒頭「あの日のことが分かる人は今少なくなり、あと数年でいなくなる。証言を後世に残したい」と語った。

    証言は篠塚さんとの質疑応答形式で進められた。当時親族7、8人で放送を聴いたという同市在住の吉川益雄さん(85)は「天皇陛下が話すと聞き『もう少しで勝つので団結して頑張りましょう』と話すと思っていた。実際に聴いてもみんな内容は分からなかった」と証言した。

    大阪府に住んでいた鈴木武夫さん(81)は「放送内容は分からなかったが、毎日のようにあった空襲がその後なくなったので、それで戦争が終わったと実感した」と語った。千葉県香取市に住む大川里さん(86)は「日本は負けないと信じていたので親が『戦争は終わった』と言っても信じられなかった」と語った。

    証言は玉音放送を聴いた際の感想にとどまらず、戦時中の潮来市の様子などにも話が及んだ。小学生だった平林弘さん(82)は「B29やグラマンが100機ぐらいムクドリの群れのように飛んで来るのが見えた。迎え撃つ日本は3機ぐらいだった」と防空壕(ごう)から仰ぎ見た様子を思い起こし、神原乙子さん(82)は「潮来のわが家から東京方面を見ると空が真っ赤だった。東京大空襲は潮来からも見えた」と話した。 (三次豪)

動画ニュース一覧>>>
全国・世界のニュース一覧>>>
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN