茨城新聞ニュース(モバイル)

県内ニュース

県内スポーツ



高校野球速報【有料】



2021年1月18日(月)
【速報】 歩行者の女性はねられ死亡 常陸太田
18日午後5時25分ごろ、常陸太田市和久町の県道で、歩行者の80歳くらいの女性が軽貨物自動車にはねられ、病院に運ばれたが死亡が確認された。太田署が女性の身元や事故の原因を調べている。



2021年1月18日(月)
東京・銀座の茨城アンテナ店が好調 20年12月、売り上げ最高 企画次々、知名度アップ

東京・銀座の茨城県アンテナ店「IBARAKI sense(イバラキセンス)」の県産品販売が好調だ。月別の売上高は昨年9月以降、前年同月比4〜5割増で推移し、同12月は2018年10月の開業以来最高となった。多彩な店内企画に加え、新型コロナウイルス感染拡大で旅行需要…
記事全文 >>>


サイト内検索
県内ニュース一覧 >>>


  • 動画ニュース(新着)
  • 華やか春色、ひし餅作り 水戸の菓子店


    3月3日の桃の節句を前に、水戸市堀町の菓子店「菓匠にいつま」では16日、朝からひし餅作りに追われた。色鮮やかな桃、白、緑の3色の餅が、工房に華やかな雰囲気を漂わせた。

    桃色は桃の花、白色は雪、緑色は新緑と、3色で春の情景を表現し、ひし形には魔よけの意味が込められているという。同市産のうるち米を粉末にして蒸し、着色して砂糖を混ぜながらついた餅菓子「すあま」を3枚作り、畳1畳ほどの大きさに延ばして重ねる。一晩冷まし、1辺5センチのひし形に切り分けていく。親子3代で黙々と作業を続け、約250個を作り上げた。

    新妻則夫社長(52)は「手作りにこだわり、子どもの健やかな成長への願いも込めている。ひな人形と共に飾り、味も楽しんでほしい」と話した。19日から店頭に並ぶ。

動画ニュース一覧>>>
全国・世界のニュース一覧>>>
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN