茨城新聞ニュース(モバイル)

県内ニュース

県内スポーツ




高校野球速報【有料】



2018年2月18日(日)
【速報】 鉾田で住宅全焼、車も焼く
18日午後2時37分ごろ、鉾田市台濁沢の民家から出火し、木造平屋建て約70平方メートルを全焼し、軽乗用車1台を焼いた。鉾田署によると、この家に住む人が顔にやけどを負い、一酸化炭素中毒になった。意識はあるという。同署が出火原因を調べている。



2018年2月18日(日)
双子関取「横綱目指せ」 沸く境町
貴公俊・貴源治 中学まで境育ち

大相撲の貴公俊(たかよしとし)関(20)=本名上山剛、貴乃花部屋=が、双子の弟、貴源治(たかげんじ)関(20)=本名上山賢、同=に続いて十両昇進を決めたのを受け、二人が中学までを過ごした境町が沸いている。小中学生の頃を知る町民らは、史上初の双子関取の誕生…
記事全文 >>>


サイト内検索
県内ニュース一覧 >>>


  • 動画ニュース(新着)
  • 「変形菌」紹介 企画展が開幕 県自然博物館


    アメーバ状やキノコ型に姿を変える生物「変形菌」にスポットを当てた企画展「変形菌-ふしぎ?かわいい!森の妖精」が17日、坂東市大崎の県自然博物館で開幕した。ミクロの世界を分かりやすく可視化した展示がめじろ押しで、変形菌の多様な姿や生態を学ぶことができる。

    同館によると、変形菌はアメーボゾア(アメーバのように動く生物のグループ)に入ると考えられている。あまり知られていないが、朽ち木や落ち葉など身近な場所に存在している。

    アメーバ状の細胞として生まれ合体して「変形体」を形成。やがてキノコの形のような「子実体」に変わる。小さいもので0・5〜1ミリだが、拡大して見るとかわいらしい姿が分かる。

    企画展では、色や形が全く異なるさまざまな子実体の標本や拡大模型、写真のほか、変形菌が形を変えていく様子を映像などで紹介。変形菌の気分になれる写真撮影ブースもある。

    企画展のチーフを務めた同館資料課の宮本卓也さんは「実は身近に変形菌がいることや、ダイナミックに形が変わる生態を知ってほしい」と話している。会期は6月10日まで。 

動画ニュース一覧>>>
全国・世界のニュース一覧>>>
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN