茨城新聞ニュース(モバイル)

県内ニュース

県内スポーツ



高校野球速報【有料】



2020年12月4日(金)
【速報】 鹿嶋のアパートで2室全焼 焼け跡から1遺体
4日午前4時20分ごろ、鹿嶋市平井の木造2階建てアパートから出火、1階と2階であわせて2室が全焼した。同7時40分ごろ鎮火。1階の焼け跡から身元不明の遺体が見つかった。鹿嶋署によると、住民の70歳男性と連絡が取れ… 記事全文 >>>



2020年12月4日(金)
挑むスマート農業 茨城県内で進む実証事業 高額機械や法制度が課題

ロボットや人工知能(AI)を農業に取り入れる「スマート農業」の普及に向けた実証事業が、茨城県内各地で進められている。本年度は、農林水産省の七つの実証事業のほか、自治体によっては地域の大学や農機メーカー、地元の生産者と独自に連携して行っている。…
記事全文 >>>


サイト内検索
県内ニュース一覧 >>>


  • 動画ニュース(新着)
  • 競技かるたに挑戦 鉾田一高付属中生 高校生が手ほどき


    生徒に古文に親しんでもらおうと、鉾田市鉾田の茨城県立鉾田一高付属中(飯山美都子校長)で11月27日、競技かるたの体験会が開かれた。1年生約40人が、同高競技かるた部から手ほどきを受け、競技を楽しんだ。

    競技かるたは、優れた和歌を集めた小倉百人一首の上の句を聞き、下の句が書かれた札を取り合う。

    体験は5人一組でチームをつくり、団体戦形式で実施。1回戦では、恐る恐る札に手を伸ばす生徒がほとんどだったが、高校生に手を置く場所や、札の句の覚え方などを丁寧に指導されると、徐々に札を払う早さが増した。決勝は、激しく札を取り合う熱戦となった。

    チームの優勝に貢献した羽生りささん(13)は「初めてだったが、高校生が教えてくれて楽しくできた。かるたには昔の人の思いが書かれているので、意味を学んでいきたい」と笑顔で話した。指導した同高2年の志藤壮部長(17)は「体験で競技かるたを知ってもらい、好きになったら部にも入ってもらいたい」と話した。

動画ニュース一覧>>>
全国・世界のニュース一覧>>>
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN