次の記事:児童生徒の盗撮被害、後絶たず 逮捕複数回のケースも

《茨ぱん(ibapan)》バトンフリュイ アゴチベーカリー(茨城・水戸市)

バトンフリュイ(写真右)と岩塩とスイートコーンのフーガス
バトンフリュイ(写真右)と岩塩とスイートコーンのフーガス
AGOCHI BAKERY
AGOCHI BAKERY


■多めの水でしっとり

ハード系パンを中心に、個性的なパンや華やかな焼き菓子など約80種類がずらり。食べ慣れない人が多いハード系パンの生地に具材を交ぜたり、サンドしたり、多くの人に親しんでもらうための工夫を重ねる。

茨城県水戸市の「アゴチベーカリー」。店名の由来はオーナーシェフ、黒川大輔さん(43)の長男のエピソードから。しゃべり始めた頃に「ありがとう、ごちそうさま、いただきます」の意味を込めて「アゴチ」と呼んでいたことにちなむ。かわいらしい造語に「親しみやすい、近所から愛されるパン屋になりたい」と願いを込めた。

一番人気はレーズン、クルミ、オレンジピールを練り込んだ「バトンフリュイ」(280円)。通常よりも多めに水を加えているため、しっとりした食感が味わえる。前日に生地を仕込み、時間をかけて発酵させながら粉に水分をたっぷり含ませた。焼き直せば、表面の水分が飛んでパリッとする。甘いコーンと塩気が引き立て合うおつまみ感覚のパン「岩塩とスイートコーンのフーガス」(250円)は、ユニークな形でかみ応え抜群だ。 季節商品も多く、飽きさせない品ぞろえが特長。黒川さんは「楽しく食べてもらいたい。一つでも食べたことがないものがあればうれしい」と笑顔を見せた。

水戸市酒門町3294の1 イーストディール103
定休日は日、月曜
営業時間は午前10時から午後6時まで(なくなり次第終了)
インスタグラムのアカウントはagochibakery

関連記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース