次の記事:常磐道で速度違反、身代わり出頭させる レーサーら逮捕

《旬もの》ハーブ(茨城・取手市)

常時約20種類のハーブを栽培する霜多辰樹さん、浩子さん夫妻。都内に出回るほとんどのレモングラスはここで育てられている=取手市貝塚
常時約20種類のハーブを栽培する霜多辰樹さん、浩子さん夫妻。都内に出回るほとんどのレモングラスはここで育てられている=取手市貝塚
オカラや野菜の切れ端などをベースにしたこだわりの堆肥
オカラや野菜の切れ端などをベースにしたこだわりの堆肥
フレッシュハーブティー(右)とドライハーブティー
フレッシュハーブティー(右)とドライハーブティー


■高品質生み出す堆肥の力

ハーブと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるであろう。料理に香りを付け、保存効果を高め、薬や香料、防虫などにも利用される、爽やかではあるが、ある種癖のある香りを放つ葉っぱ-。そんなイメージだろうか。記者はいつもある歌が思い浮かぶのだが。

小貝川の南側、茨城取手市のシモタ農芸は約2ヘクタールのハウス20棟に約20種類のハーブと野菜を年間を通して栽培、出荷する。社長の霜多増雄さん(78)は自前の研究施設をつくり、土壌や農作物のデータを蓄積し、科学的根拠に基づいた無農薬・無化学肥料での野菜作りを40年以上研究してきた。現在は息子の辰樹さん(48)と浩子さん(52)夫妻が2代目として事業を担っている。

生のレモングラス、レモンバーム、スペアミント、ローズマリーなどをブレンドしたハーブティーをごちそうになった。黄色く澄んだお茶を一口含むと、青々とした味わいが口中に広がった。爽やかなのどごしとともに、えもいわれぬ香りが清々と鼻を抜けて、後味はすっきり。元気が出てきたのは気のせいか。

多種多様なハーブのパイオニアとして内外に知られる同社だが、もう一つの自慢は完熟堆肥と土。鶏ふんを使わず、ハーブや野菜残渣(ざんさ)のみで作る堆肥は「連作障害を防ぎ、野菜の硝酸成分を抑えて、体の酸化を防ぐ抗酸化力の強い野菜を育てる」と辰樹さんは解説する。窒素肥料中に含まれる硝酸塩それ自体は有害ではない。しかし濃度が高い作物は、えぐ味が出るという。

一般消費者にもハーブが認知されてきた昨今、高品質なハーブを生み出す土の力を証明すべく、イチゴや野菜類も栽培する。そして今、霜多夫妻の目標は「健康になる野菜作り」。4、5種類の野菜をそのまま食べられる「サラダセット」、手軽にハーブティーを味わえる「ドライハーブ」の販売も始めた。

ところで冒頭の歌の話だが、米国男性デュオ、サイモン&ガーファンクルが歌う「スカボロー・フェア/詠唱」。その一節に「〽パセリー、セージ、ローズマリー、アンド、タイム」と出てくる。いずれもよく知られたハーブだが、記者が初めて知ったハーブ類でもあった。

■メモ ハーブ
▽シモタ農芸の住所は取手市貝塚192
▽インスタグラムのアカウントはshimota_farm.shimotahirorin、フェイスブック「霜多浩子」
▽サラダセットは「ポケットファームどきどき つくば牛久店」で購入できる

茨城の求人情報

営業職「JAXAなど各種研究機関との取引実績あり」国内外研究機関や大学に向けて放射線測定装置や電子応用機器の提案営業をおまかせします 【株式会社テクノエーピー】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>メーカー>電気・電子 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります ️お任せしたい業務内容 ・自社製品の提案営業 ・製品案内、見積、契約関連業務 ・国内の展示会出展対応 ・取り扱い説明書やプレゼン資料の作成 業務上で社用車の使用あり <事業内容> 電子応用機器設計製造販売 放射線計測装置の開発販売 研究...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース