次の記事:5歳児、違法ケシ発見 草花好き、瞬時に判別

【第104回全国高校野球選手権 茨城大会 出場校の横顔】 (9) 第104回全国高校野球選手権 茨城大会 出場校の横顔(9)

【AD】


■笠間 単独参加、今夏挑む
部員は3年生2人のみ。秋と春の地区予選は合同チームで戦ったが、昨年と同じく助っ人の力を借り、単独で出場する。

昨夏は大差で敗れたものの、適時打で1点をもぎ取る意地を見せた。

エースは昨夏も先発した関人郁。大月涼平主将は「単独で参加できる喜びを大事にし、試合に臨みたい」と今夏への思いを語る。

〈夏の過去最高成績〉4回戦
〈昨夏〉2回戦(初戦)
〈昨秋〉地区1回戦=茨城東・清真学園・神栖と合同
〈今春〉地区代表決定戦(初戦)=同

■水戸商 守備からリズムを
守備からリズムを生む伝統の「水商野球」は今年も健在だ。復活を果たし、22年ぶりの夏の甲子園を目指す。

大黒柱の平山颯士は最速143キロの本格派右腕。強靱(きょうじん)な体力も魅力で、粘り強く攻撃への勢いを生み出す。

攻撃は機動力を駆使し、安打1本でも1点を奪うことを目指している。中心は出塁能力にたける主将の鯨岡遼雅。シュアな打撃と強い脚力で、好機をものにする。

〈夏の過去最高成績〉甲子園8強
〈昨夏〉8強
〈昨秋〉県2回戦
〈今春〉県4強

■水戸桜ノ牧 積極的な打撃魅力
積極的な打撃と走塁がチームの持ち味。先手必勝で流れをつかむ。

強くバットを振るためのパワーと、確実にミートする力を付けてきた。石崎晃平は力強い打撃と俊足を生かした走塁で長打を量産する。北山竜羽は三振が少なく、好機に強い。

主将の竹江真哉投手がチームの精神的支柱。右腕の横田勇優は切れのある直球と変化球の緩急で打たせて取る。

〈夏の過去最高成績〉準優勝
〈昨夏〉1回戦
〈昨秋〉地区代表決定戦(初戦)
〈今春〉地区代表決定戦

■水戸啓明 26年ぶりV目指す
1年次から主力を担ってきた選手がそろい、どの打順からでも得点が取れる強力打線。26年ぶりの優勝を目指す。

春の県大会で12打数8安打を記録した主砲・佐藤政道は長打力と器用さを備える。主将の大垣遼弥はチームトップの本塁打数を誇る。正田拓夢は巧打で好機を生み出す。

左の前沢大夢、右の田村真樹は、ともに130キロ台後半の直球と多彩な変化球でテンポ良い投球が持ち味だ。

〈夏の過去最高成績〉甲子園2回戦
〈昨夏〉8強
〈昨秋〉県3回戦
〈今春〉県3回戦

※次回は鹿島、波崎、中央、日本ウェルネス



関連記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース